スポンサードリンク




 

yukaさん(@yuka_setsu0527)がシェアした投稿

DIY初心者のキャシー
最近、インスタでオシャレなインテリアの写真を上げているママさんの部屋を見ると賃貸や新築なのに新しく柱を立ててかわいい飾り棚とか作ってるみたいなんだけど
プロDIYer・まる
ああ、それは2×4(ツーバイフォー)という材料を床と天井に突っ張らせて柱にしているんだよ
DIY初心者のキャシー
DIYとかやったことないし、なんだか難しそう。。。
プロDIYer・まる
そんなことはないよ。ツーバイフォーの長さを切ってパーツを差し込むだけっていう商品もあるから木にネジ止めさえできればDIY初心者でもできると思うよ
DIY初心者のキャシー
マジで!?Can you tell me the way of 2×4 DIY?

 

どーも、ホームセンターの資材館に勤めてもうすぐ10年になるプロDIYer・まるです。

一時のブームどころかもはや完全にDIYの定番になりつつあるツーバイフォーを使ったつっぱり柱」

 

  • 自分も好きなところに柱を立てて物を掛けたいけど材木なんて買ったことがない
  • 各社から同じ用途の似たような商品が色々出ていてどれを選んだらいいのかわからない
  • 近くのホームセンターの品揃えが悪すぎてネットで買いたいけどいまいち細かいところがわからない

 

そんな方向けに普段接客している勢いでガッツリまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

 

ツーバイフォーはホームセンターのド定番商品

ホームセンターの木材としてはド定番中のド定番の材料で断面の寸法は38mm×89mm

角が丸まった面取り加工をしているので突っ張り柱として部屋にむき出しに設置しても、角に頭をぶつけて切るなんてことにはならないように出来ています。

ハイハイやつかまり立ちの時期の子がいる部屋でも安心して使えますね。

ツーバイフォーの材質はSPFが主流

ツーバイフォーはサイズの規格の名称なので木の材質としては様々なものがあります。

ツーバイフォーを扱っているホームセンターならまず間違いなく置いてあるのがSPFという材です。

DIYの本場・北米産の白くて柔らかくて木で、強度はしっかりとありつつネジもしっかり効くのでDIYには最適です。

ツーバイフォーの種類まとめ つっぱり柱に最適な木はコレ!

2017.10.17

ツーバイフォーの突っ張り柱で壁に穴を開けずに棚が作れるようになった

近年、DIY業界では「天井と床にツーバイフォーでつっぱり式の柱を設置する」というのが大ブームとなっています。

このメリットはズバリ!

 

@real_mikantaroがシェアした投稿

壁に穴を開けずに好きな所に棚が作れる

ということにあります。

賃貸物件や新築で壁に穴を開けたく無いなどの事情を考慮して生まれたこのムーブメント。

今ではこのツーバイフォーの突っ張り柱を基にして様々なDIYが盛んに行われています。

DIY初心者のキャシー
さっそくアタシもツーバイフォーでつっぱり柱を立てようと思って買いに行ったけど、似たような商品が色々出ていてどれを選べばいいかわからなかったわ
プロDIYer・まる
たしかに。店員でもわかってない時あるからねw

そしたら有名な3商品の違いを詳しく説明するね。

ディアウォール・ラブリコ・ウォリスト、この3商品が有名

今ではツーバイフォーのつっぱり柱を作れる商品も群雄割拠。各メーカーから様々な商品が出ています。

ディアウォール

【ディアウォール】作り

ツーバイフォーの突っ張り柱のブームの火付け役と言ってもいいディアウォール。

内部にバネが内蔵された部材をツーバイフォーの先端にキャップのようにはめ込んで天井と床をつっぱります。

上部のパーツにプレートとその裏側にバネが内臓されていて

バネに負荷をかけていない最初の状態(ツーバイフォーの長さ+40mm)から最大20mmほどプレートが沈み込みます。

ディアウォールをちょん切って中のプレートを外してみました

 

下部のパーツは単純にツーバイフォーにかぶせているだけでパーツの高さ59mmの内、2×4にかぶさる部分が45.5mm。

底部の厚みが13.5mmほどになります。

 

ということはカットしたツーバイフォーに対して

上部パーツの厚み(負荷無し)40mm + 下部パーツの厚み 13.5mm = 53.5mm

ディアウォールをはめ込むと53.5mm長さが足されます。

メーカー推奨のツーバイフォーの長さは天井高から-45mmで2×4をカットですから

ツーバイフォーを天井高から45mm引いた長さでカットしたものにディアウォールを上下セットすると実際の天井高よりも8.5mmほど長くなります。

 

天井高 ー (メーカー推奨値でカットしたツーバイフォーの長さ + ディアウォールを付けて足される53.5mm) = ー 8.5mm

 

つまりディアウォールを垂直にセットした際にバネが8.5mmほど沈み込んだ状態で天井と床をつっぱることを想定しているということです。

沈み込む範囲が20mmですからまだ11.5mmほど沈み込む余地があります。

突っ張り強度を上げようともう少し柱を意図的に長めに切りたくなるところですがやり過ぎ注意。

あまり調子に乗ってツーバイフォーを長くし過ぎると斜めの状態でディアウォールが天井に引っかかってしまって入れ込む作業ができません。

ディアウォールはツーバイフォーを天井に押し付けた状態で床と2×4の間に隙間を作り、垂直に立てて設置するのでつっぱりの強度だけ考えてしまうとここで失敗します。

長さのカットはメーカー推奨の-45mmを守りつつ付属のプレートか、2.4mmの薄ベニヤの小さいもの(カッターで切れます)をあらかじめ用意しておき、突っ張りの強度を見ながら微調整できるようにしましょう。

ツーバイフォーを長くしても、プレートを中に仕込んでも、つっぱりの強度は一緒です。

【ディアウォール】デザイン

パーツ自体はツーバイフォーよりもかなり大きく膨らんだデザイン。ポッキーで言ったらただのポッキーとホルンぐらいウォリストやラブリコよりも大きくふっくらしています。

子供部屋や白系のナチュラルインテリアに馴染む可愛い印象です。

ただこの「ふっくら感」がクセモノでやたらこのディアウォールが目立ちすぎてしまいます。

ツーバイフォーからこれだけの寸法分、パーツが出っ張ってるんですね。

そのためツーバイフォーを柱にして壁を作るなどの用途で使うには出っ張りが邪魔になってきます。

【ディアウォール】オプションパーツのラインナップ

ディアウォールには「2×4(ツーバイフォー)用」の他に「1×4(ワンバイフォー)用」のディアウォールも存在します。

キッチンカウンターの下とかちょっとした隙間、床から天井などの長いスパンではなく1100mmまでの範囲内でちょっとした棚を差し込みたいような場合に便利です。

 

Conaさん(@cona_stone)がシェアした投稿

その他にはつっぱるための先端部材の他にディアウォール専用の棚受けが出ていますけど。。。

これはちょっと微妙(笑)

別にこれでなくてもL字の金物や100均で売ってる棚受けでも代用できてデザイン性も良かったりするので棚受けは好きなものを使いましょう。

また棚受けの他にも短く切ったツーバイフォーを縦に継いでつっぱり柱として使うことができるジョイントも出ています。

ジョイントに関しては設置場所まで長いツーバイフォーを運ぶのが困難な場合、ツーバイフォーを分割して設置場所まで持っていけるというメリットがあります。

ですがその分、ツーバイフォーの中間にも出っ張りができてしまうので作りたいものによっては邪魔になってしまうかもしれません。

その場合は作りたいもののデザイン変更も必要ですね。

【ディアウォール】 現在展開中のカラーバリュエーション

ディアウォールは現在

  • ホワイト
  • ライトブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

この4色が発売されています。

好みの色がなければ好きな色の塗料で可愛く塗ってしまうっていう手もあります。

こういう「下塗り剤」を塗料を塗る前に吹きかけておくと上塗りの塗料とディアウォールのくっつきを良くしてくれるので塗料が剥がれにくくなります。

ツルツルしたもの、柔らかいものを塗りたいときは僕は必ず吹くようにしてます。

せっかく塗ったのに後からパリパリと剥げてきたらマジ萎えるので。

【ディアウォール】こんな場合におすすめ

後述のウォリストやラブリコとは違いボルトを締めこんで突っ張っていくといった作業が無く

 

ツーバイフォーを切る

ディアウォールを装着!

天井に押し付けながら真っ直ぐ立てて終了!

 

これだけの作業なのでホームセンターで長さのカットを依頼してしまえば工具不要!脚立で天井近くまで登って作業することもありません。

ツーバイフォーのつっぱり柱が初めてのDIY!なんて人にも一番優しく、初心者向けですね。

ウォリスト

【ウォリスト】作り

ドライバーでボルトを締めこんでいくと内部のバネの力でプレートがジャッキアップしていって天井と床をつっぱります。

縮めた状態の62mmの内、ツーバイフォーにかぶさる部分が22mmでで、ジャッキの部分が40mmほどになります。

ジャッキ部分を最も伸ばすと40mm→80mmまで伸びます。

またツーバイフォーが床面と接する下部には付属の床面の保護材としてウレタンのプレート(厚み2mm)を入れますが、これは柔らかいウレタン製なので負荷がかかれば潰れていきますので厚みとしては0mmと考えてもいいと思います。

 

メーカー推奨のツーバイフォーの長さは天井高から―60mmで2×4をカット。

ジャッキ部分が40mmあるので

 

天井高 ー (メーカー推奨値でカットしたツーバイフォーの長さ + 40mm)

  = 天井から20mm離した状態からウォリストをジャッキアップしていく

ということになりウォリストが天井をつっぱり始めるのはウォリストの可動範囲のちょうど中間ということになります。

 

ウォリストはツーバイフォーに対して四方丸ごとパーツがかぶさるわけではなく、横は開放型になっている「コの字型」をしているので、パーツとツーバイフォーは完全にフラットになります。

ですがジャッキアップ用のボルトだけは飛び出てしまうのでこれが7mmほど出っ張ってしまいます。

それ以外は完全にフラットになるのでジャッキアップ用のボルトが出ている裏面を使えば床から天井まで完全にフラットな間柱としてツーバイフォーを使うことができ、本格的な間仕切壁の下地としても使えます。

ですが時折、ゆるみが出ていないかの調整は必要なのでジャッキアップ用のボルトを完全に隠してしまう構造にするのはやめましょう。

【ウォリスト】デザイン

何と言っても非常に無骨でメカメカしいデザインをしているので男前インテリアを目指す女子諸君や、ダンディな大人の空間でも見栄えすること間違いなし。

実際DIYショー2017の和気産業のブースでも照明を落とした渋いオーディオルームのような雰囲気で展示していました。

【ウォリスト】オプションパーツ

ウォリストは2×4(ツーバイフォー)だけでなく、2×6(ツーバイシックス)や2×8(ツーバイエイト)もつっぱれる作りになっており、さらにはツーバイフォーを二本、三本束ねてつっぱることも想定した「束ねる金具」や棚受けが発売されています。

<ツーバイフォーを束ねる金具>

↓ツーバイフォーを2本束ねる金具

↓ツーバイフォーを3本束ねる金具

<棚受け>

↓「1×4(ワンバイフォー)」「2×4(ツーバイフォー)」などの89mm幅1枚使用

↓「1×4(ワンバイフォー)」「2×4(ツーバイフォー)」などの89mm幅2枚使用

↓「1×4(ワンバイフォー)」「2×4(ツーバイフォー)」などの89mm幅3枚使用

デザインもアングルを折り曲げたようなシンプルな感じなので僕は好きです。

 

なんと!専用のテレビ壁掛け金具まで出していて明らかに男心をくすぐりにかかっているイヤラシサがありますw

【ウォリスト】現在展開中のカラーバリュエーション

ウォリストは現在

  • ホワイト
  • ブラック

男らしくシンプルなこの2色のみで展開していますがDIYショー2017では新色が登場してました。

色無し!無塗装!

 

いや~やっぱ男前だわ、ウォリストさん。

自分のアピールポイントが明確だもん。

発売は少し先になる様でしたので発売されたらウチの店でも即導入です!

今後もまだまだ面白いことやってくれるかもしれません。

【ウォリスト】こんな場合にオススメ

ウォリストの他には無い優れた部分は取り付けられる材料がツーバイフォーに限定されないということにあります。

コの字型のデザインのおかげで厚みが38mmの木材であればもう一辺の寸法が89mmでなくても挟むことができます。

つまり、2×6や2×8などの材料でも突っ張ることができます。

これはディアウォールやラブリコには無いメリットです。

 

DIYにのめり込んだキャシー
もっと奥行きのある本棚を作りたいのー!

 

こういう場合はサポートパーツも充実しているウォリストが一番作りやすいでしょうね。

ラブリコ

【ラブリコ】作り

市販の耐震ポールと同じ作りで、ボルトを締めこんでいくことで天井と床をつっぱります。
「ディアウォール」「ウォリスト」と比べると天井をつっぱる強さはダントツに強いです。

バネの力に頼らずボルトが伸びて直接天井を押し上げていくのでかなり強力。
だからこそ注意が必要な商品でもあります

 

上部パーツの最も縮めた状態での全体の高さ寸法が120mm。

その内、木材をはめ込む深さが38mm。

つまり上部パーツでツーバイフォーに対して82mm長さが足されます。

ツーバイフォーの下部に取り付けるパーツはスーパーシンプル!ただのプラスチックの箱w

全体の高さ寸法が40mm。

木材をはめ込む深さが32mm。

つまり下部パーツでツーバイフォーに対して8mm長さが足されることになります。

 

上部82mm + 下部8mm = 90mm

ラブリコを取り付けるとツーバイフォーに対して90mm長さが足されます。

よってメーカー推奨値の「天井の高さー95mm」というのは

 

 

天井高 - (メーカー推奨値でカットしたツーバイフォーの長さ + 90mm) = 天井から5mm離した状態からラブリコをジャッキアップしていく

 

ラブリコを最も縮めた状態から5mmぐらい伸ばした状態で天井に接することを想定しています。

最も縮めた状態から最大で18mm伸ばすことができるので、天井に接してからも13mmほど押し込める計算になり、かなりの強さまで締めこむことができると言えます。

むしろそれだけ注意してつっぱり過ぎないようにしないと天井を持ち上げて壊してしまうことになります。

【ラブリコ】デザイン

ディアウォールやウォリストと比べると一番シンプルでスッキリとした形をしています。

ハイタワーマンションなどのモダンなインテリアにもしっかりと調和する印象ですね。

ディアウォールと同じようにツーバイフォーにかぶさるデザインですが、こちらはツーバイフォーから3mmほどの出っ張りで収まっていて形もフラットなので上から有孔ボードなどを貼った間柱のように使いたい場合にも使いやすいです。

 

ちよさん(@chiyo_home)がシェアした投稿

【ラブリコ】オプションパーツのラインナップ

ラブリコもディアウォールと同じように専用の棚受けやジョイントが発売されています。

<ツーバイフォーを縦継ぎするためのジョイント>
<ツーバイフォーを受けるための棚受け>
<ツーバイフォー以外の材料を棚に使う場合の棚受け>

↓1×4(19mm×89mm)を棚に使う場合

↓1×6(19mm×140mm)を棚に使う場合

↓1×8(19mm×185mm)を棚に使う場合

ツーバイフォーの棚受けが上から差し込むタイプなのが面倒くさそうでちょっと気にかかりますけど、シャープなデザインでカッコイイ!

僕は好きです。

男前インテリアを極めたい方にはうってつけです。

【ラブリコ】現在展開中のカラーバリュエーション

ラブリコは現在

  • オフホワイト
  • ブロンズ
  • ヴィンテージグリーン

この3色が発売されています。

この翡翠色みたいなグリーンを三色目に持ってくるあたり、ラブリコのセンスの良さを感じさせますね。

その他に限定色で「ナチュラルグレージュ」という色も存在します。

いいなーこの色。

ウチの店でも何か限定色やったら訴求しやすそうだなー

【ラブリコ】こんな場合にオススメ

ラブリコの最大の特徴はとにかく強くつっぱれることです。

調整部のナットを回せば回した分だけプレートが伸びていくので「ディアウォール」「ウォリスト」に比べて桁違いの安心感があります。

壁一面に大きな棚を作りたい

なんて場合には床と天井をしっかりつっぱってくれますので安心して大きなものもDIYできます。

ツーバイフォーつっぱり柱の予算は1本おおよそ1300円

「ディアウォール」「ウォリスト」「ラブリコ」の実際の販売価格ですが

「ウォリスト」1400円ぐらい  >  「ディアウォール」「ラブリコ」ともに900円ぐらい

こんな感じですかね。もちろん「ディアウォール」と「ラブリコ」は上下パーツセットでこの値段。

一般的な天井高2400mmぐらいにちょうどいいツーバイフォーの長さ8フィートの値段がだいたい400円ってとこが相場ですからツーバイフォーのつっぱり柱を立てるのには

1本1300~1800円程度をみておけば問題ないでしょう。

ツーバイフォーの長さのカットはカットサービスをうまく使おう

資材を豊富に扱う大型のホームセンターでは従業員による「カット加工サービス」や、セルフで電動工具を使える「レンタル工作室」が用意されています。

DIY初心者のキャシー
天井の高さは測ってきたけど、DIYなんてやったことないからどうやってツーバイフォーを切ったらいいかわからないわ

ツーバイフォーは比較的柔らかい方の材なので、ノコギリで切ることもできますが、まっすぐ切り落とすのってけっこう難しいです。

ホームセンターのカット加工サービスなら1カット数十円払えば、機械で正確にカットしてもらえます。

どのツーバイフォーつっぱりアイテムも長さの多少の誤差は調整できますが、切り口が斜めになったりガタガタだと柱がまっすぐ立たないので長さのカットは材料に対して直角にまっすぐ切り落とせる方法でやりましょう。

<手ノコの場合>

こういうツーバイフォー専用のガイドがあるとまっすぐ切り落とせます。

<ネットでツーバイフォーを頼む場合>

カットサービス付きでツーバイフォーつっぱりアイテムを販売しているところもあります。

割高ですけどカットや持ち帰りの手間が省けることを考えたらけっこうアリかも。

ツーバイフォーのつっぱり柱の強度や耐荷重は?

耐荷重とか言ってるけどそもそもそういう問題じゃ無い

DIY初心者のキャシー
つっぱり柱に棚を付けていろいろ乗せたいんだけど一体何kgまで耐えられるのかしら?

気になるところですよね。ですがこういったDIY商品にメーカー保証値が示されていることはほぼありません。

使い方や作り方で乗せられるものの上限なんて大きく変わるからです。

そして一番気にしなくてはいけないのはそこではありません。

だって考えてもみてください。

柱に掛けた荷重はそのまま下に、つまり床に掛かるわけでディアウォールなどのパーツに掛からないでしょ?。

 

こちらの動画で非常にわかりやすく解説してくれていますが、垂直荷重なら大の大人がぶら下がっても大丈夫なんですよ。

 

だって部屋で片足立ちしても床抜けないでしょ?(笑)

 

ツーバイフォーのつっぱり柱を作る上で最も注意してほしいのは耐荷重ではなく、つっぱる天井の強度です。

大事なことだからもう一度言います(赤字で書きます)

 

つっぱる場所の天井の強度は大丈夫ですか?

 

ということです。

天井というのはそもそも細い木やボルトで板がぶら下がっているだけです。

壁のように頑強に柱を立てて板を打ち付けているわけではありません。

なのであまりにも天井を過信しすぎてむやみやたらにつっぱると

 

最悪、天井が持ち上がります。

 

壁にネジ穴を開けたくないがために天井が持ち上がったり、天井の板を割ってしまっては元も子もないですよね。

おそらくそれを考慮してディアウォールやウォリストはつっぱりが効きすぎない「バネ式」を採用しているものと思われます。

一番注意が必要なのは「ラブリコ」です。

ラブリコはボルトを締めれば締めるだけつっぱることができます。

力任せに締めこめば天井の弱い箇所なら簡単に破壊できるほど強くつっぱれてしまうのでラブリコを設置する際は設置場所の天井の強度をよくよく確認しましょう。

ツーバイフォーのつっぱり柱を設置しても安心な場所はコンクリートの梁の部分

 

ツーバイフォーのつっぱり柱を設置するのに一番安定する場所、それは「コンクリートの梁」が出ている箇所です。

 

マンションの天井には部屋の角に天井が一段下がったような場所があります。

ここはコンクリートで出来ているのでいくらつっぱっても絶対に持ち上がることはありません。

もし設置する箇所がちょうどこのような造りだったらラッキー♪

いくら締めあげても天井が壊れることはありません。

ラブリコを発売しているメーカーもわかっているようで公式ホームページの作例を見てもつっぱっている天井はコンクリート剥き出しのところばかりです。

総評:ツーバイフォー つっぱり柱3商品の使い分け

以上すべてのポイントを踏まえて、まる目線で「ディアウォール」「ウォリスト」「ラブリコ」の三商品を使い分けるなら

ツーバイフォーつっぱりパーツ 使い分け
  • 踏み台・電動工具無しで簡単に設置するなら調整不要のディアウォール
  • 奥行きのある本格的な収納を作りたいならオプションパーツ豊富なウォリスト
  • ツーバイフォーを間柱的に使って「壁」を作りたいならしっかり突っ張れるラブリコ

こんな使い分けがベストだと思います。

いかがだったでしょうか?

寸法のところなんかはけっこうややこしいのでもしわからなければお気軽にメッセージください。

おまけ:ディアウォール・ウォリスト・ラブリコ DIY作例集

ディアウォール

1.夢の壁掛けテレビ

 

Tustusmi Sさん(@tsutsumi.s)がシェアした投稿

石膏ボードに重量物を取り付けるのはアンカー施工が大変。

そんな時もツーバイフォーなら木ネジで簡単に取り付け金具が付けられますね。

2.自転車だって掛けられちゃう!

玄関周りに自転車置いておくと出入りが大変

軽量のロードバイクは見えるところに飾って鑑賞しちゃいましょう。

3.棚受けは好きなものでOK

 

kosuhomeさん(@kosuhome)がシェアした投稿

棚受けまで専用品を使わなくても好きなデザインのものでこだわりの棚を

4.壁を新設!コレクションをライトアップ

新設した壁裏に配線通せばオシャレなディスプレイスペースが我が家に誕生

5.ハンガーラックと併用してアパレルショップみたいに服を収納

 

@89ogがシェアした投稿

天井近くってデッドスペースになりがち。

ディアウォールを使えば高いところも無駄なく使えます。

6.神棚だって奉れちゃう!

神様は家の中の清くて明るい場所にお祭りするのが基本です。

これならお迎えした神様にも喜んでもらえますね。

ウォリスト

1.大容量のAVラック

男はやっぱりデカいテレビにDVDズラーッが好きなんですw

2.奥行きを活かしたシューズラック

 

hiro tさん(@soba19)がシェアした投稿

ツーバイフォーを3本束ねると約27cmで靴の収納にもピッタリ!

ステインで着色したツーバイフォーがブーツの魅力をさらに引き立てます。

3.武骨なデザインはコーヒーグッズとの相性も抜群

 

kiriさん(@kiri5911)がシェアした投稿

鉄器類とウォリストのメタリックなデザインが最高にカッコいいです。

4.ジョイントパーツでさらにインダストリアルに

継ぎ目を目立たせるパーツが出す「継ぎ接ぎ感」がいいアクセントになって個性をさらに引き出します。

5.あえての1本使い

 

minamiさん(@my.home.dog)がシェアした投稿

ツーバイフォーすらもデザインの一部として飾る超上級テク。このセンスはどこで売ってるんですか?

6.ハンガーパイプもしっかり支えられます

ツーバイフォーの強度とビスの保持力があれば下手な作り付けのハンガーパイプより丈夫なラックが作れます。

ラブリコ

1.LDKを仕切って飾り棚を作っちゃう

 

ちかさん(@chicamera.y)がシェアした投稿

気分に合わせて好きなところに移動できる間仕切壁があるという贅沢。

2.気に入らない引き戸を取ってカワイイ間仕切り壁に

全く愛着のわかない建具なんて取っ払って好きなデザインの壁にしちゃう。

3.ベビーゲートもしっかり支えられる

絶対倒れちゃ困るものもラブリコの突っ張り力なら安心です。

4.ウォークインクローゼットをDIY

何万円もして大きなクローゼット買うぐらいなら自分でオーダーメイドしてウォークインクローゼット作ればいいのよ。

5.キャットウォークで猫も大喜び

 

milcomamさん(@milcomam)がシェアした投稿

キャットタワーって結構場所取るんですよね。

でも彼らは上の方にしか用がないので壁際の上の方で好きなだけ遊んでもらいましょう。

6.事務所の間仕切りだって自分たちでDIY

ちょっとした応接スペースとかって意外と用意するの難しいんですよね。

業者にわざわざ頼まなくても自分たちでできますよ!

 

壁を自分の思うがままにデザインできる

これだけで家にいる時間のクオリティが格段に変わりますよ。

ぜひチャレンジしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

DIY好きが高じてホームセンターに勤めて9年目の元・ニート。 今では年間売上10億円規模の木材・建材の商材選定・売り場作り・在庫管理・接客販売まですべてに精通したDIYのスペシャリストに。

なのに自分の家があんまりにも狭くて散らかっててどうにもならないので、現在2DK44㎡の賃貸マンションで日々奮闘中。