片付けられないママだけが知らないゴミを売ってお金に換える3ステップの錬金術

スポンサードリンク




どーも、片付け大好きブロガーのまるです。

キャシー
ワタシもあのインスタグラマーのママさんのようにスッキリ片付いた部屋にした~い
って思ったとき、どうやってやってます?まさか落ちている物を棚に入れて、また拾っては入れて、なんてやってはいないですよね?

スッキリ片付く物の量に抑えられている場合はそれでもいいんですけど、もはやどこに何をしまっていいんだかわからないようなレベルまできてしまったらそのやり方では永久に片付きませんよ?

どこから手を付けていいのかわからない時の片付け方

どこから手を付けていいんだかわからないレベルまで散らかってしまった時の片付け方って色々な片付け本を読んできましたが

  1. しまってあるところから一旦全部出す
  2. 要るもの、要らないものに分別
  3. 不要なものを処分する

とどのつまりこれしかありません。あとはやるかやらないか。

「1.全部出す」と「2.分別する」

ここをしっかりやるだけでかなり「片付いた気」になります。僕もこの段階は大得意で、一日中やってても飽きないぐらいです。でもこれだけじゃダメなんです。

家の中のものを「外に出す」ことが一番大事

でも実はこの1、2をやっても家の中のものの量は全く減ってないんです。

つまり片付けやすくなってない。これがダメ。

これだとものの量が少し増えただけで、絶対にまたすぐに散らかりはじめます。なまじっか片付けが好きなくせに全然結果が出ない人っていうのはここがわかってないんですよ。ゴチャゴチャしたものを分類してキッチリ棚に並べて

夢見るキャシー
「わぁ〜お店やさんみたーい」
なんて思って自己満足。

片付けたはずなのに引き出しがいっぱいで、小物がはみ出たり、キツキツの本棚に新たに本を無理やり突っ込んだりして、収納から溢れてすぐに元通りっていう経験ありませんか?僕はありますw

つまり僕みたいな片付けが好きな、いわゆる「自称・インテリア好き」が一番片付けにくい部屋にしてしまうんです。片付けにおいては

3.分別した不要なものを完全に家から追い出す

ここまで完了させることがとても重要です。

分別したものをゴミに出す、その前に

不用品として出てきた家財品をゴミとして処分して置く前に必ずやっておくべきことがあります。それが

不用品買取サービスでお金にならないか?

ということです。もちろん薄汚れた服や、賞味期限の切れた食べ物とかは論外ですが、そういった常識の範囲外のものでなければ大概のものが不用品買取サービスで売れます。

不用品買取サービスとは

各家庭から出た不要なものに値段を付けて買い取って必要な人に転売する業者です。今や町中にあるリサイクルショップからネットのみで営業するスタイルから様々ありますね。

古物商等の平成28年末における許可件数は、77万5,723件で、前年比9,230件の 増加となっている。 

平成 2 8 年中における 古物営業・質屋営業の概況 – 警察庁

不用品買取サービスも含まれる古物商の数も年々増えているようで、世の中でもますます盛んに中古品・不用品が売り買いされていることが分かります。

なぜ不用品買取サービスを利用した方がいいのか?

  • 捨てるのにもお金がかかるもの
  • 大きくて運び出すのもひと苦労なもの
  • まだまだ使えるからもったいない気がして仕方がないもの

こういったものを捨てるのってハッキリ言って家に置いておくより大変じゃないですか。っていうかこういうものだからこそついつい取って置いてしまってどんどん溜まってしまうものです。

例えば、

Windows10が入ったノートパソコン買ったから使ってないデスクトップ型のパソコンとか、高かったけどどう考えても子どものお出かけグッズが収まらないから使えないブランド物のバッグとか、まだ遊べるのに子どもが飽きてしまった大量のプラレールとかね。

でもここのハードルを越えないと「本当にスッキリ片付いた生活」は手に入らないんですよ。この不用品買取サービスであれば、

まだまだ使えるものを捨ててしまうという後ろめたさが無い

処分代がかかるものも引き取ってくれるどころかお金ももらえる

大きくて運び出せないものも自宅まで取りに来てくれる

↓↓↓

「ものも減らせてお金ももらえる」

ということで、「ものを減らす」というミッションをクリアするハードルを一気に下げてくれるんです。

しかも無料で、ってかお金までくれる。

むしろこれ知ってて使わないとか意味が分からないレベル。自分のパートナーがこれも知らずにバンバン家のもの捨ててたら通帳から生活費引き出して万札丸めて焼却炉にバンバン捨ててるようなもんですよ。

頑張って家の不用品をまとめたらぜひ「不用品買取サービス」を賢く使いましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

小学校の頃のアダ名は「まるゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。