断捨離のやり方はたったの3ステップ。コツは売れるものをキチンと現金化




どーも、子育てしながらどうしたら片付けられるかを追い求めるブロガーの丸ゴリです。

キャシー
ワタシもあのインスタグラマーのママさんのようにスッキリ片付いた部屋にした~い
なんてみなさん思いませんか?僕は思います!

もう全員フォローした?絶対に押さえてべき究極のインテリアインスタグラマーまとめ

2017.09.11

⇒もう全員フォローした?絶対に押さえてべき究極のインテリアインスタグラマーまとめ

 

前回の記事『断捨離による3つの効果で時間のやりくり上手になろう』では断捨離の効果やメリットについて書きましたが、

「ものを減らすメリットがたくさんあるのはわかったけどどこから手をつけていいのかわからない」

そんな方向けに断捨離のシンプルな3つのステップと押さえておくべきコツをお教えします。

どこから手を付けていいのかわからない時の片付け方

どこから手を付けていいんだかわからないレベルまで散らかってしまった時の片付け方って色々な片付け本を読んできましたが

  1. 収納場所から全部出す
  2. いるもの、いらないものに分別する
  3. いらないものを外に出す

シンプルにこれしかありません。簡単でしょ?

一つずつ詳しく説明していきますからこの3ステップをイメージしておいてください。

1.収納場所から全部出す

片付けたい場所を決めたらまずその場所を今から引っ越せるレベルで空っぽにします。

クローゼットであれば掛けたものを一旦全て外して床に山盛りに。

引き出しであれば取り出して逆さまにして中身を全部ぶちまけてしまいます。(※実際に逆さまにしなくていいですよ、割れ物もありますから)

2.いるものといらないものに分別する

片付け界のメジャーリーガー、こんまりさんがよく言う「ときめくか、ときめかないか」でいるものといらないものを分別する方法が有名ですね。

それもアリだと思います。

僕はシンプルに「一年使わなかったらいらない」を基準にしてます。

溜まりがちな服とかクリスマスの飾り付けなどのイベント用品、コピー用紙などの日用消耗品も一年回って使わなかったら劣化するしこの先も魅力的に感じることはないので遠慮なくいらないものの方へ。

コツは「もったいない」の対象をものを買ったお金に向けるのではなく、いらないものをこれから保管しておくコスト(保管する場所分の家賃と片付け続ける労力)に向けることです。

いらないものをリビングからダイニングに移し、半年後にダイニングからリビングへ。なんてこうやって書いてるとバカバカしく思えるかもしれないですけどけっこうやってますよ!(笑)

この『分別する』をやるだけでかなり″片付いた気″になります。でもこれだけじゃダメなんです。

3.いらないものを外に出す、これが一番大事

でも実はこの1、2をやっても家の中のものの量は全く減ってないんです。

つまり片付けやすくなってない。

これだとものの量が少し増えただけで、絶対にまたすぐに散らかりはじめます。

片付けたはずなのに引き出しがいっぱいで、小物がはみ出たり、

キツキツの本棚に新たに本を無理やり突っ込んだりして、

ものが溢れてすぐに元通りっていう経験ありませんか?僕はあります(笑)

 

つまり僕みたいな片付けが好きな、いわゆる「自称・インテリア好き」が一番片付けにくい部屋にしてしまうんです。

 

片付けにおいては

3.分別したいらないものを完全に家から追い出す

ここまで完了させることがとても重要です。

不用品をゴミに出す、その前に必ずやっておきたい断捨離のコツ

不用品として出てきた家財品をゴミとして処分して置く前に必ずやっておくべきことがあります。それが

 

不用品買取業者に引き取ってもらい現金化できないか?

 

ということです。もちろん薄汚れた服や、賞味期限の切れた食べ物とかは論外ですが、そういった常識の範囲外のものでなければだいたいのものが不用品買取業者に売れます。

不用品買取業者とは?

各家庭から出たいらないものに値段を付けて買い取って必要な人に転売する業者です。今や町中にあるリサイクルショップからネットのみで営業するスタイルから様々ありますね。

古物商等の平成28年末における許可件数は、77万5,723件で、前年比9,230件の 増加となっている。 

平成 2 8 年中における 古物営業・質屋営業の概況 – 警察庁

不用品買取業者も含まれる古物商の数も年々増えているようで、世の中でもますます盛んに中古品・不用品が売り買いされていることが分かります。

なぜ不用品買取業者を利用した方がいいのか?

  • 捨てるのにもお金がかかるもの
  • 大きくて運び出すのもひと苦労なもの
  • まだまだ使えるからもったいない気がして仕方がないもの

こういったものを捨てるのってハッキリ言って家に置いておくより大変じゃないですか。っていうかこういうものだからこそついつい取って置いてしまってどんどん溜まってしまうものです。

例えば、

Windows10が入ったノートパソコン買ったから使ってないデスクトップ型のパソコンとか、高かったけどどう考えても子どものお出かけグッズが収まらないから使えないブランド物のバッグとか、まだ遊べるのに子どもが飽きてしまった大量のプラレールとかね。

仮面ライダーの変身ベルトは捨てちゃダメ!壊れてても売れる方法

2017.11.14

⇒仮面ライダーの変身ベルトは捨てちゃダメ!壊れてても売れる方法

【本棚整理】どこも絶対買い取らない雑誌、古いムック本を一瞬で現金化

2017.10.29

⇒【本棚整理】どこも絶対買い取らない雑誌、古いムック本を一瞬で現金化

でもここのハードルを越えないと「本当にスッキリ片付いた生活」は手に入らないんですよ。不用品買取業者に引き取ってもらえれば、

まだまだ使えるものを捨ててしまうという後ろめたさが無い

処分代がかかるものも引き取ってくれるどころかお金ももらえる

大きくて運び出せないものも自宅まで取りに来てくれる

↓↓↓

「断捨離で物も減らせてお金ももらえる」

ということで、「断捨離して家の中の物を減らす」というミッションをクリアするハードルを一気に下げてくれるんです。

しかも無料で、ってか現金までくれる。

これを知らずにナンデモカンデモ捨ててしまうのは通帳から生活費引き出して万札丸めて焼却炉にバンバン捨ててるようなもんです。

断捨離を頑張っていらないものをまとめたらぜひ「不用品買取業者」を利用してご褒美に現金をゲットしちゃいましょう。

 










ABOUTこの記事をかいた人

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。