「Disney×DIY」

それはディズニーの世界観をモチーフにしたインテリアを

自宅に自ら作り上げるという試みです。

 

きっかけは「ディズニーに住みたい」という想い

 

ディズニーってなんでこんなに楽しいんだろう?

帰りたくない!ずっとディズニーにいたい!

 

夜の10時をパークで迎えるあなたは毎回そんな想いを抱えてディズニーを後にしているんじゃないですか?

僕も毎回訪れる度に同じ事を思っています。

 

ウェスタンランドの二階の一部屋に

チャイナボイジャーの河辺のテラスに

アメリカンウォーターフロントのブロードウェイの華やかな通り沿いに

ロストリバーデルタの朽ちた外装がステキな家に

 

ディズニーのどこを歩いていても「こんなところに住めたら幸せだろうなぁ」なんて妄想に駆られてしまいます。

 

ディズニーに住みたい

 

その願いを叶えることは絶対にできないけれど、ディズニーにいる時のような安らぎや高揚感を感じる「自分らしい自分」でいられる場所を作れないかな?

馬鹿げた話に聞こえるかもしれないけれど、これは僕にとっては「夢のような話」ではなく「手に入れられる目標」でした。

 

なぜなら僕の仕事は資材系のホームセンターの中の人。

今流行りのDIYを応援する人として9年の月日が経ちました。

 

あなただけの「It」

ホームセンターという場所ではありとあらゆる資材、塗料、工具が売っていてそれを自分の好きなものを作ることができます。

それが「DIY(Do It Yourself)」

 

ではその「It」とはなんのことを言っているんでしょう?

 

僕が思うにそれは自分自身にしかわからない、わかってもらえないこだわりのことです。

 

「ここにアレを置ける棚があれば…」

「この家具はもっとこの色の方がいいのに…」

 

そういった人から見たらどうでもいいこだわり、大工さんに頼むには気がひけるほどの自分だけのプロジェクトである「It」を解決する方法がDIYです。

 

そして僕にとっての「It」はと言えば間違いなく「ディズニーみたいな家に住むこと」だったのです。

 

なんでこんなにディズニーにこだわるんだ?

このディズニーへの執着はどうやら生い立ちから来るようです。

 

私、まるは1984年の2月29日、ディズニーランドが開業した年に千葉の海を望む場所で産まれました。

 

幼少期を江戸川区の葛西で過ごし、この頃からよくディズニーに連れて行ってもらいました。自宅マンションから見えるパークの花火も大好きでした。

 

母方の実家がある京葉線の新習志野に引っ越してからも毎年の「ディズニー詣」は欠かしたことはありません。

 

その間にも

ジーンズ好きが高じて19世紀から20世紀のアメリカの歴史を調べたり

古いジャズを聴いたり、

水辺の景色が恋しくてアクアリウムに熱中してみたり、

スチームパンクのかっこよさに痺れて今で言う「男前インテリア」を追求してみたり、

リビングから見えるベランダを青々と茂るジャングルのようにすることに燃えたり、

世界地図が完成する前の海に飛び出して行った男たちの生き様に感動したり、

26文字で世界を記述しようとフォントやデザインにとことんこだわりぬいた英字のコマーシャルサインは一日中眺めていたいぐらいだし、

1920年代の紳士の装いは今でも憧れのダンディズムだし、

 

なんだよ、俺が好きになるものってディズニーにあるものばっかりじゃん。

 

そうです。

僕の趣味嗜好がディズニーに囚われてることを自覚したんです。

 

ディズニーにあるから好きなのか、

自分が好きになるものがディズニーには溢れてるからディズニーが好きなのか、

今ではもうよくわかりません。

 

ただハッキリと言えるのはこれからもウォルト・ディズニーが愛した景色が僕も好きであることは変わらなそうだし、「ディズニーのような家に住みたい」という理想、「It」を一生かけてコツコツ実現させていくんだろうなっていうことです

 

夢を実現させた憧れのサム

ビッグサンダーマウンテンの湖畔で一人、郷愁に想いを馳せ、ロッキングチェアーでパイプを燻らせる老人と言われてすぐに思い浮かぶでしょうか?

彼の名はセドナ・サム。

ゴールドラッシュにあやかろうとビッグサンダーマウンテンに足を踏み入れたけれども一攫千金の夢は破れ、それ以来、愛犬とビッグサンダーマウンテンの麓でのんびりと暮らしているそうです。

 

彼を世界一幸せな景色を手に入れた先人と見るか、ただのアニマトロニクスの人形と見るか、

 

おそらくほとんどの人が後者なんだと思います。

だけど僕は前者だった。

僕は彼のようになりたい。

 

一日中陽気なディキシーランドジャズやバンジョーの調べに揺れながらご機嫌に暮らす。

最高じゃないですか?

 

「It」を実現させるために

僕らはミッキーのように「Be Magical!」の一言でイメージを一瞬でカタチにすることはできません。

 

そこへたどり着くには丹念に資料を調べ、イメージを膨らませ、具体的に手法を検討し、材料を基に設計し、一つ一つ愚直に手を動かしていくことで実現させていくしかないんです。

 

ですがやれば必ずできるんです。

やり続けていれば必ず理想の風景が手に入るんです。

これってすごくないですか?

DIYって自分の理想が必ず実現できる僕にとっての「Be Magical!」なんですよ。

 

このブログを読んでくれるみなさんに伝えたいこと

 

どんな馬鹿なこともDIYだったら叶えられる

そこにたどり着けないのは自分のチカラが足りないだけ。

足りないのなら補えばいい。

 

DIYというのはひどく個人的なIt=プロジェクトであることが多いのでその手法が同じように誰にでも当てはまるわけではありません。

もちろん僕と同じようにディズニーを我が家に持ち込みたいっていう仲間がいれば大歓迎です!

ですがその他の大多数、ディズニーに興味がないような方にも、くだらないものをキャッキャはしゃいで作り続ける様子から理想の暮らしを自分で作り続ける楽しさをぜひ感じてほしい、失っているのなら取り戻してほしい、そう思います。

 

自分の思い通りのものは異様なこだわりと執念で実現させるのです

 

結婚した。子供が生まれた。毎日働いて食うところや寝るところには困らない幸せな暮らしを送れている。

だけれども今送っている毎日、明日起きるであろうその場所が理想の場所だったと言えますか?

 

そんな残りの20%を埋める鍵は「DIY」にあるかもしれませんよ?

 

だいぶ大きなことを言いましたが、やることといえば単純に家のここが気にくわない、よしなんとかするか

その繰り返しです。

その繰り返しの果てにあなただけの「It」が実現する日がやってきます。

 

さぁ、一緒に手を動かしましょう。

 

 クアリウムをチャイナボイジャーみたいにする