【賃貸の原状回復】壊れた家のパーツを自分で取り寄せて交換!敷金を引かれずに引っ越す方法




どーも、DIYおじさんの丸ゴリ(@maru19840229)です。

 

  • 引っ越して新しく借りた家のパーツが古くてガタガタ
  • 気がついたらパッキンが無くなってた
  • 賃貸なのに壊しちゃった

 

そんな時どうしてますか?

 

我慢して使い続けて余計に動きにくくなったり、もっとひどい状態になったりしたら嫌ですよね。

それに、賃貸で借りたときは平気だったのに不注意で壊してしまったともなれば原状回復の必要性も出てきます。

簡単なパーツの交換だけで済むのに敷金から手間賃やらなんやら引かれるのも癪ですし、自分で直しちゃったらどうですか?。

 

【本記事の内容】

  • 見て見ぬ振りをしていた家の壊れたパーツを自分で入手する方法とコツがわかります。
  • 生活のクオリティに直結する住まいの困ったを解決することで快適さを即実感できます。
  • 大家さん、不動産屋さんとの交渉もなく、敷金から修繕費を余計に取られることもなくなります。

 

あまりに大きな作業、危険を伴うことまでやる必要はありませんが、自分で簡単に直せることも多いんだってことを知っておくと…

子どものイタズラにも寛容になれますよ!

家のパーツは交換できるもの多い

  • ドアのパッキンが使い続けてボロボロ
  • カーテンをまとめて引っ掛けておくタッセルが折れてる
  • キッチンの五徳(ごとく)が焦げでガビガビだから換えたい
  • 家具のキャップが取れて一個だけ無くなった
  • ホットプレートの電源コードだけ無くなった

こんな状態なのに使い続けてません?

人間の順応力って恐ろしいもので、最初は不都合を感じてもなんとかごまかして使えてしまうんですよね。

でもこんな軽い症状ならホームセンターに行けばだいたい解決しますよ。

全く同じパーツでなくても良ければ、同じような機能を果たす商品がたくさん用意されています。

「賃貸で借りている部屋の設備だから全く同じパーツで元通りでないと困る!」

そんな場合でも以下の2点がわかるようなら自分でなんとかなる場合が多いです。

交換したい家のパーツのメーカーと型番を調べよう

メーカーと型番。

この2点がわかるようなシールなり刻印が見つかれば、ほぼなんとかなります。

メーカーがわかれば問い合わせ先がわかりますので、そこで型番を伝えてアフターケアとしてパーツの取り寄せを頼めばいいわけです。

メーカーに電話・問い合わせ

引っ越し予定のキャシー

そちらの製品の◯◯◯の●●●の部分が壊れてしまったんですが、パーツの取り寄せは可能ですか?

まずはこんな感じでメーカーに現状を相談してみましょう。

現在も継続して販売している現行品であればパーツの在庫も持っていてすぐに出荷できる場合もありますし、

現在は販売が終了しているけれど、後継品で代わりがきいたりと、柔軟に対応してもらえる場合が多いです。

家のパーツはネットで頼めるものもけっこう多い

交換したい家のパーツの状況と品番がわかれば一度ググってみましょう。

楽天などのネット通販では家のパーツだけを販売しているようなネットショップも多く、ドンピシャな交換パーツがいつものネットショッピングと同じ感覚ですぐに手に入ることもあります。

メーカーに紹介してもらった小売店に電話

引っ越し予定のキャシー

◯◯◯の交換パーツはどこに行けば買えますか?

メーカーに電話した際には交換パーツの入手先についてもこのように聞いておきましょう。

メーカーの方で一般ユーザー向けの小売店を把握していない場合でも、卸業者を紹介してくれます。

今度はその卸業者に問い合わせて、事情を説明し、取引のある小売店をいくつか紹介してもらえばいいです。

丸ゴリ

こんなことは向こうからしてみれば日常茶飯事なので、気後れすることはありませんからグイグイ聞いちゃいましょう!

注意

それぞれの会社に電話した時には必ず担当の名前はしっかり聞きましょう。

「どこどこの会社の◯◯さんに聞いた」という裏付けがあるだけで、実際の店舗で相談した時に話の進み方が全然違います(笑)

壊れた家のパーツを取り寄せにお店へGO!

取り寄せたい交換パーツの

  • メーカー
  • 型番
  • 取り寄せたい交換パーツ自体の品番
  • メーカー、卸業者の各担当者の名前

ここまでわかった状態でお店を訪れればもはや『パーフェクトカスタマー』です。

お店側としてはキチンと対応せざるを得ないというわけです(笑)

本来であれば店員が調べるべきなんですが、そうすると店や従業員ごとの『レベルの差』にだいぶ左右されてしまうので不快な思いをすることもあるかもしれません。

そうならないためにも、『周りから固めていく』ような作業を自分でする事で確実に望み通りの結果を手に入れることができます。

Google全盛期の今ですが、ネットに載っていない情報を、泥臭く人を辿って調べていく手法が生きている業界もまだまだあります。

今回はこのツイートに反応していただいた方が多かったので記事化しました。

長く住んでいた賃貸マンションから引っ越すとき、なるべくならトラブルなくサラッと退居して敷金が全額返してほしいですもんね。

こういった生活の知恵をうまく使って余計な出費は抑えましょう。

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。