自分では当たり前なことが実は長所だったりするかもよ?

スポンサードリンク




先日twitterを見ていたら超有名プロブロガーのイケハヤさんがm-gramなる性格診断テストの結果を公開していたのでおもしろそうだなぁと思って自分でもやってみました。

性格判断とか占い系のものって「当たってる感」欲しさに作り手側もユーザー側も都合よく解釈できるようになっている気がして、あまり鵜呑みにしないようにしているんですが、信用できそうなものとか学術的な匂いが少しでもしたらやってみるようにしています。

これとかも昔やったなー

内省性が異様に高かったように記憶してますが今やったらどうなのかしら?

 

それはさておき、m-gramやってみましたよ。ほれ。

KkPqvhrrEMSZPudAxdn

いやーこいつは中々面白いですよ。

ちゃんと「当たってる感」あって気持ちがいいw

細かい解説も出てくるんです。

ほれ。

まるさんは、一切の迷いなく情に流されずに極めて合理的で冷静な判断ができる人である、強く自分の意思を持っている人である、新しい物事やチャレンジを好み失敗を恐れず行動できる人であるといった印象を与える性格です。比較的マイルドで刺激的ではない性格なので、多くの人から受け入れられ易い性格といえます。

もし、性格面が短所として現れると、物事の情緒に疎く非常に冷たい人である、周囲を気にせず調和的でない行動をする傾向にある、リスクを考えずに無謀な考えをしてしまうことがあるという印象を与えることもあります。

対人コミュニケーションの観点では、抽象的な事柄や概念的な本質を感覚的に捉え、さらにそれを筋道立てて思考し物事を論理的・定量的に捉える能力に優れています。閃き・カンを論理的に展開できるので、高いクリエイティビティを発揮することができます。知的なコミュニケーション、知的な人を好みます。一方で、他者の心理や感情を感知し汲み取る力に欠ける面があり、他者の感情的または情緒的な心理の変化や動きに鈍感なところがあります。知性だけでなく、感性・感情も尊重できるようになれば、ますます広く豊かな人間関係を構築できるようになるでしょう。

短所に心当たりがあり過ぎてこのm-gramに完全に心酔してしまった僕ですが、長所として書かれていることを読んでいてハッとしてしまいました

対人コミュニケーションの観点では、抽象的な事柄や概念的な本質を感覚的に捉え、さらにそれを筋道立てて思考し物事を論理的・定量的に捉える能力に優れています。閃き・カンを論理的に展開できるので、高いクリエイティビティを発揮することができます。

なんて書かれてまず「エヘヘ」ってなるじゃないですか?

 

でも、待てよ?

なんですよ。

 

日常的に周りとの差を感じることがないかい?

僕けっこう全体を俯瞰して

「つまりこういうことでしょ?」とか

「背景にはこんな流れがあるから今こうなってるんじゃない?」とか

「今求められてるのはこんな感じのことでしょ」

みたいな会話の仕方をするっていう風に自分でも思っていたんですが、

上司含めてのミーティングとかでこれをやると独演会みたいになっ

「ちょ、ちょっと一旦切り上げようか

なんて風に話のわかる人間以外を置き去りにしてしまうことがあるんですね。

 

その時は喋りすぎた反省とともに

「何でもっと自分の意見を言わないんだろう」

とか

「もっとみんな自分なりに考えていることがあるはずだ」

なんて風に考えていたんですが、どうやらその前提が違ったっぽいです。

 

みんな「やらない」のではなく、「できない」のでは?

これはつまりこういうことです。

 

ドラゴンボールの孫悟飯が父親の悟空とセルの闘いを見ていて遊んでいるようにしか感じなかった。

なぜなら悟飯が強くなりすぎてしまい、悟空の全力の戦いが手抜きをしているようにしか感じられなくなってしまったから。

 

 

そう。

 

私は強くなりすぎてしまったのです

 

ごめんなさい。燃やさないで。

 

冗談はさておき、自分では当たり前にできることが他の人には当たり前でない場合、そこに「気付かれない長所が存在する場合があります。

カッコよく「ビハインドアドバンテージ」と呼びましょう。

(せっかくジャンプネタを出したんだし、こうなりゃ黒子のバスケ風テイストでゴリ押しや!)

 

このビハインドアドバンテージwに気づくにはm-gramのような自分の内面を横並びに客観視してくれるツールがとても有用ですね。

そうすれば仕事においても「だって俺、こういう特性あるから」という「開き直り力」も長所に加わって

自らを適材適所に配置していくことで、性格のアンマッチによるストレスを減らして、個人としても、チーム全体としても高いパフォーマンスを出せる(気がする)でしょう。

 

なんてビジネス書みたいな締め方したけど、こちとら「ビハインドアドバンテージ」閃いてから後はもう消化試合じゃーい\(^^)/

もうすでにジャンプのスポ根系で出てたら失敬

 

ABOUTこの記事をかいた人

DIY好きが高じてホームセンターに勤めて9年目の元・ニート。 今では年間売上10億円規模の木材・建材の商材選定・売り場作り・在庫管理・接客販売まですべてに精通したDIYのスペシャリストに。 なのに自分の家があんまりにも狭くて散らかっててどうにもならないので、現在2DK44㎡の賃貸マンションで日々奮闘中。