ホームセンターで木材を買うために準備すべきこと

スポンサードリンク




昨今のDIYブームで

 

「自分もこんな棚が作りたい!」

 

なんてひとも増えたように思います。

 

実際このディアウォールみたいなものが出るようになって賃貸住まいでもかなりの大作を部屋にあつらえるDIY女子はメディアの中だけでなく実感として着実に増えてます。

 

 

自信作 #diy #棚 #ディアウォール #briwax

@ohshi31が投稿した写真 –

 

 

 

でもいざ作ろうとしてもホムセンに馴染みがないひとにはまさにあそこは未開のジャングル。

 

「作りたい気持ちは爆発しそうなのにどうやったらうまく材料を買えるんだぁぁぁぁぁ」

 

と悶々とした日々を過ごしているひとに、いろいろとあるホムセン利用のちょっとしたコツをお話ししましょう。

 

 

ホームセンターにおいてある木材のサイズ

 

2×4(ツーバイフォー)材の長さは

 

910mm(3フィート)、そして1820mm(6フィート)、

その倍の3640mm(12フィート)

 

この3パターンがほぼ主流です。

そしてベニヤ板も

 

1820×910mm、いわゆる3×6板(サブロクバン)がメインです。

 
2×4に関しては2440mmやら3030mmとかもありますが

あったらラッキーぐらいのつもりで考えておきましょう。

ベニヤ板も2440×1220mmの4×8板(シハチバン)なんてサイズまで

あるんですけどこれも必ずあるわけではないのでひとまず置いておきます。

 

ホームセンターに行く前に必ずやるべきこと

この長さの規格と、自分が作りたいもののサイズをうまく擦り合わせて

 

それぞれのパーツの大きさを決めていく作業

 

これを買い出しに行く前にやるかやらないかで作品の出来やお店での買い物のスムーズさが格段に変わってきます。

 

もし材料のイメージがいまいちつかめない場合は必ず下見に行きましょう。

 

作りたいものに材料を合わせるのではなく手に入る材料で作れるものを考える。

 

これがとても大事です。

 

 

 

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。