【祖母の部屋から出てきた着物に困ったら】みんながやってる3つの有効利用法




 

数年前に亡くなったおばあちゃんの部屋。

そのおばあちゃんの部屋からたくさんの着物が出てきて、もらえることになったけど

正直、どう扱っていいのか困っていませんか?

 

着物に詳しい佐藤くん

大丈夫!着物は資産です。

おばあちゃんとの大切な想い出の品として取っておくもよし。

自分のものとして着るもよし。

大事にしてくれる方に譲るのも簡単にできます。

 

 

【本記事の内容】

・突然もらったおばあちゃんが大切にしていた着物の基本的な保管や手入れの仕方を簡単に説明します

・同じようにおばあちゃんの着物を譲り受けた人たちがどうしてるのか紹介します

 

 

面倒だからといってもらうだけもらって何もしないとせっかくの着物もあっという間に傷んでしまいます。

そんなのもったいないですよね。

この記事を読んだらぜひご自分にしっくりとくるおばあちゃんの着物との向き合い方を決めて行動に移してください。

 

着物売るならココ!

 

高額な着物をその場ですぐに現金化したいのなら『買取プレミアム』 がオススメ!

  • おばあちゃんの家まで直接来てその場で査定してもらえる
  • その場で即現金化
  • 女性の査定員も指定できる安心サービス
→ネットで簡単申し込みできる入力フォームはこちら

 

 

突然もらったおばあちゃんの着物の保管方法

 

キャシー

もらったのはいいもののいったいどうやって保管したらいいの?

 

着物といってもなかなか馴染みがないのでどうやって扱ったらいいのかよくわかりませんよね。

ましてやジーユーやユニクロで売っているファストファッションとは違って高額なもの、オーダーメイドの一点ものも多く

私のせいでダメにしちゃったらどうしよう…。

とか思っちゃいますよね。

まずは着物の正しい保管方法を知っておきましょう。

着物の保管の仕方1:シワ対策

・長方形になるように折り目正しくたたむ

次に着た時にシワが目立たないように、決められた折り目に合わせてたたむことが大切。

また、着物の柄や刺繍はキチンとした意味が込められた大切なものですから『たとう紙(し)』などで包んで変色などを防ぎます。

着物の保管の仕方2:カビ対策

・一度袖を通したら陰干ししてからしまい、通気性の良い場所に保管する

 

おばあちゃん世代の嫁入り道具の定番『桐の和箪笥(わだんす)』

これには防虫性・防湿性が備わっており着物を保管しておくにはうってつけの家具だったんですね。

また今では深すぎる奥行きも着物を平べったく積み重ねて入れておくのちょうどよかった。

そんなこともあって着物を着る文化の中では桐の和箪笥は結婚して嫁いでいく女性にとってはなくてはならないものだったわけです。

今から着物のために桐の和箪笥を用意するのは現実的ではないにしろ、プラスチックの衣装ケースや湿気を溜め込みやすい段ボールに着物を保管するのはやめましょう。

 

着物の保管の仕方3:虫食い対策

・防虫剤は併用せずに一種類だけ

防虫剤は二種類以上使ってしまうと化学反応を起こして着物を変色させてしまう恐れがあります。

入れる場合も直接着物に触れないように、紙などに包んで四隅に置くようにします。

・年に3回虫干しする

6~7月、10月、1~2月。

この時期を目安に一日4時間程度、直射日光を避けるようにして陰干しします。

この時に合わせてカビや虫食いがないかもチェックします。

実際に祖母の部屋から出てきた着物を譲り受けた人たちってどうしてるの?

運命だと思って着付けを習ってみる

いくら昔の人が着物を着る機会が多かったといっても、今でも着れるような着物をたくさん譲り受けるようなケースはそうそうありません。

最近は50代になってから着物を着始める人も増えているそうです。

 

しかし、いざイチから着物や小物をそろえるのは費用もかかって大変。

その点でおばあちゃんから素敵な着物を無料で譲り受けられることはとても幸せなことです。

 

これをいい機会だと思ってカッコいい大人の女性を目指して着付けを習ってみるのもいいかもしれないですね。

→近場で着付けの『my先生』が見つかるwebサービス

 

また、着付けをきっかけに身の回りにある「和」のルーツに目覚める人も多いようです。

欧米化が進んだとはいえ、目を凝らせば私たちの身の回りには和のテイストが溢れていますから、そういうものに気づけることで今まで過ごした街や景色が違って見える楽しみもありますね。

 

自分のサイズや洋服に仕立て直す

昔の着物は生地も分厚く永く使えることが多いです

これは着物に限らず手仕事の道具なんかでもそう。

商品としてコストダウンする、ということがそもそも難しいので逆に品質の良いものしか作れないという。

ファストファッションの服なんて効率よく作れるが故に、一枚一枚はペラペラですからね。

永く使える品質という部分に目を向けて、普段使いしやすい洋服に仕立て直したりすることもできます。

→普段使いのスカートや艶やかなパーティドレスに仕立て直してくれる着物リメイク専門店

→美しい刺繍を活かして高級感のあるバッグに仕立て直してくれるアトリエ

 

また、着物として着たいけれどおばあちゃんとは身長が10cm以上違うという場合でも大丈夫。

『洗い張り』といって、着物を一度反物の状態にまで戻し仕立て直すことで、小柄だったおばあちゃんの着物を背が高い今時の若い娘さんでも着れるようになります。

レトロブームが何度も来ているように、素晴らしいデザインというものは何百年経ってもその良さが見直されることが多々あります。

古臭いと言われる柄も、若い人にとっては「逆に可愛い」かったりするんですね。

→郵送でも着物の仕立て直しをお願いできる呉服屋さん

 

キチンとしたところに手放して、大切にしてくれる人に譲る

  • 自分でデリケートな着物を管理して、今から着付けを習って着れるようなる
  • 費用をかけて自分好みの洋服に仕立て直す

なかなか面白そうですけど実際やるとなるとけっこうハードル高いですよね。

おばあちゃんの面影が残る思い出のものや、自分が特に好きな柄のものだけ残して残りは好きな人に譲ってあげることも、着物が好きだったおばあちゃんや着物自体も喜ぶ一つの方法ではないでしょうか。

 

着物に詳しい佐藤くん

(ボソリ)実は着物が着れる人は凝り性の人が多くて、意外な高額品がしれっと紛れ込んでることも多いんですよ。

 

着物などの高額な遺品を処分したお金を残りの遺品整理の費用に充てるという遺品整理の賢い方法もあります。

 

着物専門の買取業者の方では、わざわざ店まで着物を持ち込まなくても

  • 無料で現地まで来てくれる出張買取
  • 着物を箱に詰めて送るだけの宅配買取

こんなサービスを展開してるところが多いです。

坂上忍さん出演のテレビCMでおなじみの株式会社BuySell Technologiesが運営する『買取プレミアム』 であればキチンとした接客対応で、適正価格で着物をその場で買い取ってくれます。

こういった買取業者で気をつけなければならないのは、名前の聞いたことのない怪しい業者に頼んでしまうと、汚らしい査定員がおばあちゃんの部屋に居座って、無理やりアレもコレも買い漁る、いわゆる『押し買い』のようなことになりかねません。

その点、買取プレミアムであれば女性の査定員を指名したりすることもできるので安心ですね。

亡くなったおばあちゃんの部屋から出てきた着物の処分をお考えならキチンとした買取業者の買取プレミアムに依頼されてみてはいかがでしょうか?










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。