集中型のあなたが今の仕事に向いてない理由を教えるね

スポンサードリンク




内向性というキーワードの虜になっています。

 

これ一つで大体のことがクリアーに見えてきますよ。

 

今回は「仕事における集中の仕方」の話。

 

一つのことに集中するのが好き?

notebook-405755_640

 

一つのことを邪魔されずにじっくり集中できる環境はすべてのビジネスパーソンにとって好ましいものですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一文に何の疑いも持たなかったあなた、

 

間違ってますよ?

 

それは僕ら「内向性に富んだ一部の人間」だけにとっての好ましさですべてのビジネスパーソンが喜ぶものではありません。

 

ですので冒頭の一文に対しての反応だけであなたが「内向性人間」なのか、そうでないのかけっこう見えてきますね。

 

僕は内向的な性格だという診断結果も出ている自他共に認める内向性人間なので

 

shyness

[性格診断] あなたは外向的?内向的?

 

人がひっきりなしに行き来する

騒がしい場所

しょっちゅう電話が鳴る、来客が来る

営業であちこち移動する

時間が不規則で読めない

 

こういったことがものすごくストレスになるんですね

 

「そんなのみんなそうでしょ?」

ところが違うようなんです

 

忙しさからパワーを得る人たちがいる

世の中には僕ら内向性人間と真逆の感じ方をする「外向性に富んだ人達」が存在するらしいです。

その人達はたくさんの人が行き交い、おしゃべりをしながら意見を交換し、知識を深め、次から次へと不規則で不条理な優先順位の入れ替わりが生じてもそれを好ましいものと感じ、自分のパワーに変えてしまうのです。

 

僕ら内向性人間からしてみたらほとんどモンスターですよねw

 

でも、近くにそういう人、いません?

アレだけ忙しかったのに、つかの間の休憩時間も喫煙所や休憩所で延々と雑談に花が咲いている元気な人。

僕もそういう人を見るたびに「元気だなー」ぐらいにしか思っていなかったんですが、どうやら違うみたいです。

 

僕らが緑の見える静かなカフェで小一時間、誰にも邪魔されず好きな読書にふけっている時に感じるあの癒しを

 

 

coffee-2319109_640

 

 

よもや彼らは日中の慌ただしい喧騒の中で感じているのです。

 

摩擦が起これば起こるほどエネルギーを発生させる

 

まさにエンジンやモーターのような作りで動いているのです。

 

 

内向性の人は深く集中するのが得意

僕ら内向性人間は全くの逆で、忙しければ忙しいだけ磨耗していくだけです。

これは外向性の人間と内向性の人間では刺激の受け方に違いがあるので、経験や頑張り、ましてや根性論ではどうにもならない、もはや身体の構造の問題です。

 

「自分は出来が悪いからすぐテンパっちゃうんだ」

「頑張りが足りないからすぐ疲れちゃうんだ」

 

違いますよ?

 

内向性の人は外向性の人に比べてはるかに一つの刺激に対して多くを感じ取ってしまうためすぐに容量がオーバーしてしまうんです。

簡単にいってしまえば

 

外向性の人は外部からの刺激をより多く、より早く処理できる。

対して内向性の人は外部からの刺激をじっくりと深く、統合して処理できるんです。

 

 

仕事に対して割と本質を掴んだり、要点をまとめて処理するの得意じゃないですか?

延々と地味な作業続けるの得意じゃないですか?

深くリサーチを行なって、資料にまとめて提出した時上司や周りに驚かれたことないですか?

 

それが内向性人間の強みです。

 

 

今の仕事が向いてないと感じるのはあなたの内向性を活かせてないから

ですからあまりにも慌ただしい、めまぐるしく状況が変わる中ではあなたの強みが出る幕がないんですよ。

そこで求められているスキルは「より早く、より多く」ですから。

あなたはそういう人ではありません。

もっと邪魔が入らずに一つのことに深く集中できる仕事の環境に身を置きましょう。

 

もし今の職場に照らし合わせて「ウチの職場はまず第一にスピードだな」とか「臨機応変さが評価されるな」と感じるならもはやあなたの居場所ではないかもですよ?

 

長いこと同じ職場にいればそういった部署に異動する希望も出せるかもしれないですけど

環境そのものを変えた方が早い場合もあります。

無理して自分を責めてないで苦手なことは得意な人に任せちゃいましょう。

 

 

みんな我慢して頑張ってるんだって、それ思い込んでませんか?

 

もしかしたらあなたほど周りは苦痛に感じていなくて、あなただけが桁違いに無駄に踏ん張って勝手に苦しんでるだけかもしれないですよ?

 

そういったアンマッチな状況を続けてもなかなか勝てません。

自分の特性を知って、得意な土俵で勝負しましょう。

 

 

自分の適性を知りたかったらこういう本もあります。

内向性についてもっと知りたい時はこの本がオススメです。

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。