音楽を聴かなくなった30代におすすめの新譜の探し方

スポンサードリンク




音楽は最近聴いていますか?

聴くといってもBGM的に流してるような聴き方ではなくて一日中その曲やアルバムをループさせて聴いたり、あるアーティストの昔のアルバムから順番にコンプしていったりするような聴き方です。

僕はもう最近めっきりダメで「TuneIn」というインターネットラジオアプリで洋楽やジャズの垂れ流しぐらいは聞いているんですが、聞き終わってもアーティスト名も曲名も何にも覚えていないという有様です。

そもそも音楽を聴かなくなったのはなぜか?


・ある時期からポピュラーミュージックから離れてしまった

原因は個人個人の事情によって異なるので十把一絡げに断じることはできないですけど、世の中にはこんな調査結果もあるようです。


人は33歳頃を境に新しい音楽を聴かなくなる


おいおい、あと数ヶ月で33歳じゃねぃかw

個性的な自分だけが抱えた問題だわーなんて思ったらとってもステレオタイプな人生を歩んでたという寒い事例ですね。

記事では音楽的嗜好の成熟がメインストリームのポピュラーミュージックから遠ざかる要因だと伝えていますが、まさに自分もその流れに乗った感じはあります。

 

 ヒットチャート入りする奴らなんてだせぇぜ!
 ↓
 マイナーな「俺だけ知ってる感たっぷり」なアーティストを探し始める
 ↓
 だんだんその熱量が下がってくる
 ↓
 なんとなくおしゃれな音楽を流し聴きして大人ぶる

 

・楽器(ベース)を弾かなくなった

bass-1283554_640

これはバンドやってた人間にはあるあるかもしれないですけど、僕が新しい音楽を聴きたいと思う根底には

「もっと演奏の幅を広げたい」


っていう気持ちがあったように思います。

お気に入りのアーティストのマネばっかりしていると「オマエそのフレーズばっかだな」という冷めた視線にさらされかねません。

だからバンドマンというのは日夜新しい音楽に出会うべく「意識的に」新しい音楽を漁ります。

この過程で

「うわー、このベースやばい」

「こいつ、人間か?」

「俺のために泣いてくれてるような歌声だな」

なんていう感動がありました。

 

・CD屋の試聴機に何時間も張り付いている時間が取れなくなった

record-store-925553_640

おもえばyoutube黎明期のまだタワレコが元気だったころw

休みに張り切ってCD屋巡りをして店員さんのPOPを頼りにラウドロックの新譜を漁ったもんです。

だいたいどれも同じなんですけどねw

アルバム3枚を買う予算で行ったのについつい5枚ぐらい買っちゃって「まずいなー」なんてニヤつきながら帰って爆音で頭を振っていました。

そんなちゃんとした痛い若者だった僕も今では二児の父、休みの日はもっぱら西松屋とトイザらスのしもべなわけです。

赤ちゃん本舗行かずにタワレコばかり巡ったり、アンパンマンを見ずにバスドラが一番よく聞こえるようなラウドロック聴いてるわけにいかないのです。

ある意味33歳というのは「親になる平均年齢」なのかもしれないですね。

 

・昔のバンドメンバーと会わなくなった

cheers-839865_640

今でも交流のある友人といえば学生時代からバンドを組んでいた仲間が中心なのですが、大人になれば仕事や家庭の都合で住む場所は散り散りで、なかなか会う機会もありません。

昔はバンド練習の後の飯屋で

「あいつの演奏はやばい」

「この曲マジ熱い」

「これ知ってる?」

なんていう会話を朝までしていたもんです。

今こんなことしようと思ったら全員LINEの画面開きっぱなしで定時連絡しなきゃならないですからねw

 

僕個人が音楽にのめり込める背景には若者特有の

「わがままに自分の時間をむさぼり喰える」

という条件があったようです。

 

今どきの若者はどうやって音楽探してるの?

 

・なんだかんだでyoutube、ニコ動

 

僕が常々思うのは

音楽というのは常に10代のために作られるべきである

ということです。

10代の大きすぎる自意識には繊細な歌詞やノイズとも取れるような音の洪水がちょうどよく、

その音楽に一番飢えている世代が今取り入れているツールは最先端で、一番安価であるに違いないと踏んだわけです。

ところが


調べても調べてもわからねぇw


やはり「15歳差」という一番接点のない年の差がネックになり、そもそも身の回りに中高生がいないし、ネットのコミュニティでもどこに存在するのかオジサンわからないです。

ただオジサンでもひとつだけわかったのは

youtubeやニコニコ動画の関連動画から芋づる式に聴いてる

ということです。それだったらオジサンもよくやるよ!

 

思わぬところから出くわした解決策

・自録り専用SNS「nana」

そんな中気になる情報を見つけてしまいました。


10代女子に人気の音楽投稿アプリ「nana」


何それ?キニナル(´▽`*)

いや、「10代女子」の部分じゃなくて「音楽投稿アプリ」の方だからね!ホ、ホントさ!

気になって落としてみるとそこはまるで


痛い中学生の花園w


アニメ風アイコンにボカロ、声劇、歌ってみたの嵐!

これだよ、この勢いが中学生パワー、純度100%の中二病さ!


気になってよく知りもしない曲名をクリックしてみると


「天ノ弱」とかめっちゃいいやん♪

 


こういう新しい"歌"との出会いが欲しかったんです。

しかもこのアプリ、「コラボ」というMTRの多重録音のようなことがスマホの録音機能でできちゃうというとんでもないスペック。

中学生の時になけなしのお小遣いを出し合ってバンドメンバーで買ったMTR抱えてスタジオに通い詰めたオジサンからしたらもう完全にバックトゥザフューチャー状態です。

楽器を自由に弾ける環境はまだ用意できませんが、いずれコラボとやらで参加したいと思います。


でもさ、

自分の親父が女子中学生の後ろでベース弾いてたら嫌だよね(TーT)
 

ABOUTこの記事をかいた人

DIY好きが高じてホームセンターに勤めて9年目の元・ニート。 今では年間売上10億円規模の木材・建材の商材選定・売り場作り・在庫管理・接客販売まですべてに精通したDIYのスペシャリストに。 なのに自分の家があんまりにも狭くて散らかっててどうにもならないので、現在2DK44㎡の賃貸マンションで日々奮闘中。