ディズニーシーの「スチームボート・ミッキーズ」はオランダ系移民がオーナー?

スポンサードリンク




ディズニーシーのアメリカウォーターフロントの一角にあるスチームボート・ミッキーズ」

店内ではTシャツやパーカーなどのアパレル類、それに加えてミッキーの生みの親であるウォルト・ディズニーがミッキーを生み出す前にデザインした「オズワルド」のグッズなんかも販売されています。

港側から外観を眺めていると色々バックグラウンドストーリーを妄想できて楽しいです。

とにかく「船舶用の雑貨屋」だってことを宣伝してる

そこかしこの看板や壁面にに見られる「Ships candlery」や「Marine Hardware」の文字。

これは船用品、船舶用の雑貨という意味で、こちらの看板でも強調されています。

スチームボート・ミッキーズ

船舶雑貨

ロープと鎖

船舶用金具

しけ用の道具

「蒸気船ウィリー」に登場した船のイラストがなんともかわいいですよね。

こちらからも船舶関係の品物、特にロープ関係の品ぞろえは豊富そうなことがわかります。

こちらなんかはもうとにかく自分の店がいかに歴史があって素晴らしいかを気持ちいいぐらいに喧伝してますねw

品質の良い船舶用金具

適切な価格

綱、防水シート、濃霧号笛,甲板の索留め

油性ワニス、塗料、

悪天候用具、等

蒸気船ミッキーズ

1847年から続くアメリカンウォーターフロントで一番の船舶雑貨商

ちなみに左側のカエルの広告は風邪薬の広告です。

他社の広告の上から貼ってるあたりがスチームボート・ミッキーズの地域でブイブイ言わせてるイケイケな感じを表してますね。

スチームボート・ミッキーズの二階は倉庫?

DIY的にかわいいなーと思ったのが「どうやって入るねん?」的に付けられた扉と滑車ですね。

おそらくこれは二階がスチームボート・ミッキーズの倉庫になっていてそこへ荷物を出し入れするのに滑車を使って上げ下げしているのではないかと思われます。

右側の元窓であった場所をレンガで潰してるあたり、建物が元々の作られた時と今では違う使い方をしている、つまりスチームボート・ミッキーズのが入る前は別の会社が違う用途で使っていた建物なのかもしれません。

建物に使用されているレンガはフランス積み

この蒸気船ミッキーズが入ってる建物のオーナーはおそらくオランダやベルギー出身のやり手ビジネスマンではないかと思われます。

何故ならこの建物のレンガは「フランス積み」という積み方で作られていてオランダやベルギー地方でよく使われた建築工法だからです。

オランダはそもそも元はスペインの領地、というか支社みたいな形で機能していた地方で、古くはハンザ同盟という同盟をバルト海、北海の沿岸地域で組んで、海産物やら、毛織り物、木材等々の日用品をガンガン貿易し合ってた生粋の商売人たちの土なんですね。

カルヴァン主義という頑張って働いてお金たくさん稼いだ分だけ天国に近づくんやでー」という価値観を持った敬虔なクリスチャン達の気風は海を渡ってこのアメリカンウォーターフロントに移住してからもきっと息づいていたことでしょう。

アメリカンウォーターフロントの景気はイマイチ?

商売っ気たっぷりの蒸気船ミッキーズの入るオランダ式の建物ですが裏手の港に面した側にはやや景気の悪さがうかがえます。

二階の非常はしご?のような部分、踏み桟が朽ちてはしごとしての役割を全く果たしてないですね。

さらに足を進めていくと壁の広告スペースには空きが…

広告主がいない、つまり広告を出すぐらいビジネスがうまくいっている会社がないということはもしかしたらあまり景気が良くない時期なのかもしれません。

現代でも企業は景気が悪くなってきたら広告費を抑え始めますもんね。

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。