ペンキを使わずにカラフルな板を調達する方法

スポンサードリンク




どーも、建材が担当ですけど塗料にも口出すまるです。


みなさんDIYで塗装する時、ペンキは買いますか?
はい、私は買います。


PPAP(PaintでPineをAjiのあるテイストにPaint)ですね。

ええ、おじさんだってこのぐらいのニュースは押さえてるんですよ、ふっふっふっ。

ペンキは汚れるしめんどくさい

painter-1246619_640


でもペンキやる時ってペンキだけじゃなしに、やれ養生やら、やれ刷毛だのトレーだのめんどくさくないですか?

そのくせ味を出すにはヤスリかけたり複数組み合わせて重ね塗りしたり、ホントに気に入った仕上がりにするにはかなりの手間暇がかかります。


よくお客さんからも

「塗装してある板ありませんか?」

なんてよく聞かれてたんです。


今までは「自分で塗ってくださーい」で閉店ガラガラだったんですけど

 

最初からかわいく塗装してある天然木の一枚板

 

出ました!

 

その名も「UROCO(ウロコ)」です。

杉の貫板を塗装したような感じなんですが、よくある茶系のバリエーションで数色ではなく、かなりビビットな色合いでほとんどの原色を網羅している感じです。

この思い切ったカラーリングとラインナップにはかなりの度胸が必要だったと思います。

大手建材メーカー「大建」からも最近色つきの板が出ましたけど、このUROCOのもう一つの特徴が「浮造り」加工と「焼き」の加工です。

ただ板を塗っただけではなくあらかじめ木目が強調されるような加工をした上からビビットなカラーリングを施しているので和風なような、洋風なような、不思議な風合いなんです。

ただでさえめんどくさい塗装の手間を省いているだけでなく、質感にもこだわって加工をしてあるので自分で同じようなものを作るよりかなりの手間と費用が節約できそうです。

作り方まで公開

プロモーションも抜かりなく、DIYのレシピを公開していたりするので

「最近話題のDIYを自分もやってみたいけど大変そう」

なんて初心者の人でも完成までたどり着けそうです。

踏み台とかかなりかわいいですよ。

子どもの椅子とか机の天板だけ差し色で使ってもかなり映えそう。

大きさと値段は?

値段も1mぐらいの板が1000円〜1500円前後ですので(詳細に書くと店バレしちゃうんでご勘弁)材料自体は若干高いように感じますが、

養生やら用品全部ひっくるめた金額と比べるとかなり割安になるのはホームセンターユーザーの方ならお分かりになると思います。


まぁUROCOの会社からマージンもらってるわけでもなんでもないんで売れなくてもいいんですけどw
ホントに良いものはシェアしたいですからね。

どこで売ってるの?

encounter-940169_640
UROCOに限らずお近くの取扱店知りたい場合は直接電話して一番近くだとどこに卸してるか聞いてみると良いですよ。

だいたいは真人間が電話に出て丁寧に教えてくれます。
(たまにとんでもなく横柄な中年に当たることもありますが)

いちおう問い合わせ先載せときましょう。

株式会社フォレストフィーリング
TEL.053-570-6539
mail: access@uroco.org

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。