家賃払うのもったいない?近所で買ってる人と比べれば賃貸に住むことは実はかなり割安!




毎月少なくない家賃を払ってるけど、年単位で考えたらすごい金額…

これってもう買っちゃった方がお得なんじゃ…?

そう思ったことはありませんか?

 

より良い暮らしを問い続けるブロガーの丸ゴリ(@maru19840229)です。

結論から言うと賃貸に住むことは短期的に見ればコスパが良いです。

今回はその理由について住宅ローンとかあまり詳しいことがわからない人でもわかるようにお話しします。

 

【本記事の内容】

  • 一生に自分がどれだけ家賃を払うのかがわかる
  • 今の家賃のまま住宅購入するより、賃貸の方がお得な理由がわかる

 

今の賃貸に長く住んでてなんとなく家賃払っちゃってる

一生賃貸と住宅購入、どちらが得なのか知りたい

結婚して子供が産まれて、この先の住むところを真剣に考えなくてはならない30代のパパママ世代にピッタリの内容となっています。

自分が一生にいくら家賃を払うか把握してる?

 

こちらのサイトで

  1. 今の家賃
  2. 家族が一番多い時に住むべき家の家賃
  3. 子どもが成人して夫婦2人になった時に住む家の家賃

この3つを入力すると80歳までに自分が支払う家賃の総額がわかります。

しかも引っ越し代も込みで(笑)

※2年ごとの更新手数料は含まれないのであくまで概算です。

 

では僕の場合で入力した例を使って本当に賃貸で家賃を払い続けることはもったいないことなのか、考えてみましょう。 

  • 現在の年齢 35歳
  • 今の家賃 7.5万円
  • 広い家の家賃 9万円
  • 老後のマンションの家賃 6万円

そうすると僕が生涯に払う家賃の総額はおよそ4370万円。

すごい金額ですよね、あなたの一生分の家賃はいくらですか?

一生分の家賃と同じ価格の家が買えるわけではない

丸ゴリ

よっしゃー!4370万の家買った方がええやんけー!

ってなるじゃないですか。

確かに今すぐ4370万用意できるならその方がお得です。

ですがそんな人は初めから賃貸なんて住まないわけで(笑)

お金を借りなければいけません。

 

でもお金を借りたら返す時には利子を付けて返さなくてはなりませんよね。

これが住宅ローン金利です。

 

この利子が実はかなりの金額になります。

4370万円の物件を買うのに住宅ローンを借りるとその利子だけでもなんと、1022万円!

トータルで5392万円を70歳までに支払わなければいけないことになり、月々の負担、生涯に払う住宅費も増えてしまいます。

住宅ローンを借りるときは利子を含めた総支払い金額が生涯家賃を超えないようにしなければいけません。

 

自分でもやってみたい!

 

住宅ローンの借入金額と実際の支払額を知りたい場合はこちらのサイトが便利です。

 

⇒ローン計算 ローンシミュレーション

 

金利の部分はとりあえず35年間変わらない『フラット35』の適用利率 1.45%にしておきましょう。

 

利子も含めた無理のない住宅ローンの借り入れ金額を知るには?

月々の支払い金額から無理のない住宅ローンの借入金額を調べることができます。

これがかなり使いやすくて便利。

  • 月々の支払い金額
  • ボーナス払いの金額
  • 頭金
  • 金利
  • 返済期間

これを入力するだけで自動的に無理のない購入可能金額を知ることができます。

 

そうすると僕の場合は

  • 月々の支払い金額 75000円
  • ボーナス払いの金額 0円
  • 頭金 0円
  • 金利 1.45%(フラット35)
  • 返済期間 35年

約2470万円となります。

つまり2470万円までなら住宅ローンを借りても無理なく返せるということですね。

生涯家賃と無理のない借入金額の差は?

丸ゴリ

えー、2470万円って最初の4370万円と比べるとずいぶん少なすぎじゃない?

そう思うかもしれませんが、

 

35年という支払期間を変えずに、より多くの金額を借りれば月々の支払い金額が増えますし、

より多くの金額を借りて、月々の支払いを抑えるために支払い期間を伸ばせばそれだけ金利が上がります。(フラット35の金利に0.5~1%上乗せ)

 

ということでこのスーモの購入可能金額シミュレーションで出る金額というのはかなり妥当な金額なんですね。

 

無理のない住宅ローンの借入金額から買える物件を見てみる

これで今の家賃を基準として35年ローンで無理なく完済できる金額がわかりました。

これが住宅を購入する場合の物件価格の予算です。

実際にこの予算で買える物件を今住んでいる地域に設定して検索してみてください。

 

かなり不便な立地や、築年数になるかと思います。

今住んでいる賃貸物件と比べてどちらの方が快適に暮らせそうですか?

 

丸ゴリ

いやー、ここにはちょっと住みたくないな。。。

 

そう思うようでしたら今の賃貸物件は購入するよりもかなり割安に住めているということ。

つまり今住んでいる賃貸物件は買ったらもっと高いということです。

住宅ローンの利息支払い分が上乗せされますからね。

購入であれば毎月もっと多くの住宅費を支払わなければ住めないような、場所、建物に背伸びして住んでいる状態とも言えます。

 

もし、今と同じような場所に物件を購入したいと思うのなら、より多くの住宅費を用意しなければならない。

つまり、収入を増やさないことにはどうにもなりません。

 

都心→郊外→田舎という都落ちに堪えられないのであれば賃貸物件に家賃を払って住み続けることは決してもったいなくないということです。

 

いやー、この場所の家が月々この支払額で買えるなら悪くないかも。。。

もしそう感じるなら

自分のものにならない賃貸物件に家賃を払い続けるのはもったいない

これがあなたには当てはまるかもしれません。

 

まとめ

  • 生涯に支払う一生分の家賃から住宅ローンの利息分を引くとほとんどの場合、今住んでいる賃貸物件よりもグレードの低い物件(立地・面積・築年数)しか買えない
  • 購入にかけられる予算で物件を検索したときに、今よりも良い物件が見つかるようなら住み替え時

仲介手数料が半額になる新時代の賃貸物件探しは ⇒ イエッティ(ietty)

 

一番大切なのは自分に残されている選択肢をきちんと把握して、ライフステージごとによく考えて選択していくことです。

住宅購入も賃貸物件に家賃を払いこんでからでは予算は今よりさらに少なくなります。

焦って自分や家族のライフスタイルに合わない物件を購入してしまってからでは賃貸のように気軽に引っ越せません。

賃貸生活、住宅購入、両方のメリット・デメリットを自分の送りたいライフスタイルと照らし合わせて考えてみるべきです。

また、先ほどのシミュレーションどおりに本当に住宅ローンが借りられるのかは聞いてみないとわかりません。

夢見るキャシー

5000万で住宅ローンを借りてぇ、都心のタワマンの最上階のラウンジでグヘへへへ

なんて妄想を膨らませた後に、「住宅ローンが借りられない」なんていうことになればまさに取らぬ狸の皮算用。

もし今の自分の住宅費の支払い状況と今後のライフスタイルの折り合いがついて購入も視野に入ってきたのならまずは実際の予算を確認しましょう。

妄想と現実のすり合わせを交互に繰り返して、納得のいく家づくりをしていってください。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。