片づけりゃいいってものでもない

アラフォーになってみてジワジワ感じてているのが

「好きなものを持ち続ける方が難しい」ってこと。

 

正直、床も壁もキッチンシンクも真っ白で、

「ウチには小学生なんていませーん」みたいな家って

憧れたりするもんじゃないですか。

 

そういうのインスタで見ちゃってるもんだから

「ウチも断捨離したい!」なんて風に思うわけです。

 

で、まぁ実際にやり切れるか挫折しちゃったかはさておき。

 

一回、断捨離しちゃうと新しいものを増やす方が怖くなっちゃいません?

 

怖いというとまだ語弊があるのかな。

億劫になるというか。

 

「あ、いいなコレ」と感じるものに出会っても

「どうせゴミになるしな」とまた陳列棚に戻す。

陳列棚に戻す。

チンレツダナニモドス。

 

え?私死んでる?

 

そんな気がしてきちゃうんですね。

わかりますかね、この感覚。

もう完全に自分に幻滅しちゃってる。

汚部屋を作ってしまったという前科一犯の犯罪者である自分に。

 

そんな『リビングデッド化した自分』へのアンチテーゼとして

先日、ガチャガチャでくだらないものを買ってたんです。

 

これがなかなか悪くない。

苦しゅうない、ちこう寄れ。

 

正直、こんなもの、何の役にも立ちませんし、インスタでも映えません。

 

でも確かにそこには「好きなもので身の回りを飾る」という娯楽がありました。

 

それは自分の「好きだな」という感情を否定しなくてもいいという『許可』でもあったように思います。

 

もちろん断捨離をして暮らしのサイズ感をキープするのは、現代において必須スキルだなぁーというのは間違いないのですが、

「新しいものを好きになろうとしている自分の一部」を認めてあげることも必要ですね。

\▼SNS毎日更新中/

最新情報をチェックしよう!