【洗面台の下の95%はゴミ】片付けられない人でもできる洗面台の断捨離




かねてより我が家の懸案事項の一つであった

 

洗面台の下パンパン問題

 

3年ほど前のアノ事件の時に相当な数の洗面台の下を見てきたであろう駆除業者の社長にも

「ここまで物が多い人も珍しいですねぇ~」というお墨付きをもらっています。

 

まぁそれでも

丸ゴリ

誰が見るわけでもないし…

ということで放置していたんですね。

しかしそうも言っていられないということで今回5年に一回ぐらいしか動かない重い腰を上げて片付けてみました。

片付けられない人の洗面台の下はこんな状態

見よ!これが誰にも見られたくない我が家の恥部である!

ぐちゃぐちゃだとは思っていたけれどまさかここまでとは…

出るわ出るわ、色んなものが。

 

どんだけパイプきれいにすんの?

ほとんど業者じゃん。

※ちなみに我が家の排水溝は臭くもないので誰もこれらを使いません。存在も忘れてました。

 

テメェ何笑ってんだ!

 

洗面台の下がパンパンな人が溜め込みがちなもの

 

  • 洗剤のストック
  • お泊りセット 数セット
  • 家具の予備パーツ
  • 洗濯機の予備パーツ
  • もらいもののコスメ
  • 試供品のコスメ

皆さんのお宅の洗面台の下にもこれらが3D収納されていないでしょうか?(笑)

洗面台の下からものを全部出したら次は断捨離

こんな具合で『要らないもののエレクトリカルパレード』を最前列で堪能した丸ゴリ。

これらのものを廃棄すべく、一番の家主である奥さんに確認を取ります。

 

ここ数日、奥さんと片付けについて話したおかげか、すっかり断捨離モードの我が家。

奥さんもちょっとしたユニクロの在庫量ぐらいある毛玉のついたニットを、バーサーカー状態でゴミ袋に放り込んでいます。

そこを見逃さずに声掛け!

 

 

「こういうの、どうしたらいい?」

 

「もう中身とか見ないで捨てちゃっていいよ」

 

 

キタコレ!

伝説の聖剣『ダン・シャーリ』を手にした丸ゴリに怖いものはありません。

 

数年単位で洞窟に巣食っていた

  • 使わないもの
  • 期限が切れたもの
  • 誰の愛着のわかないもの
  • 余分にありすぎるもの

こういった基準で選別し、徹底的に捨てていきます。

この時に天使の顔をした悪魔『マダツカエル』が邪魔をしてきますが、伝説の聖剣ダン・シャーリで一刀両断に切り捨てていきます。

洗面台の下と向き合ってわかった片付けられない人の共通点

 

僕のような片付けられない人がものを溜め込んでしまう原因の一つに「準備までは頑張る」っていうのがあると思うんですね。

 

  • 100均で掃除用具だけは揃えてある
  • 旅行に行くときのために試供品のコスメをストックしておく
  • 親兄弟が泊まりに来た時のためにお泊りグッズを100均で準備しておく

 

準備は常に万端!

アレにもコレにもどんなことにも対応できるようになっています。

 

で、本番は?ていう。

 

『いつ訪れるかわからない本番』に準備しておきすぎることで

『今始まっている本番』そのものをおろそかにしてしまっていたんですね。

 

今始まっている本番とはなんでしょう?

それは毎日一緒に過ごす家族との時間や空間です。

 

いつくるかわからない泊り客のための歯ブラシ大量の歯ブラシセットが邪魔して家族に必要なストックが置けないなんて本末転倒ですし、

溢れかえったお掃除便利グッズの陰で、肝心なクイックルワイパーのウェットシートが干からびてるなんて笑えない冗談です。

2時間ぐらいで洗面台の下はこのぐらい片付く

こうして堕天使『マダツカエル』の呪いから解放され、生まれ変わった我が家の洗面台の下がこちらです。

まだまだ改善の余地はありますし、見た目は最悪です。

でも奥まで見通せて何が入ってるかわかるようになった。

不用品でパンパンの収納に文字通りフタをして何年も暮らしていた片付けられない人間からすると、こんなに清々しいものはありません。

 

片付けるときのコツ

 

  • 全部出す
  • 今必要なものだけ残す
  • 不要なものは新品だろうが捨てる
  • 収納はおしゃれな見た目よりも、『分類通りに適量がしまえる』という機能が最優先!見た目を良くするのは一番最後のご褒美

 

こんな風にやっかいな『溜め込みがちな洗面台の下』という片付けクエストをクリアしたわけですが、

これはまだほんの序の口。

『読みもしない本』『Apple Music前に必死こいて集めた洋楽のCD』『溢れかえったストック食材』『重ねすぎてうんざりする食器類』などのS級妖怪が蠢くここは魔界。

 

そして最後に倒すべくは『子供の創造性を破壊するぐちゃぐちゃなおもちゃ収納』というラスボスです。

収納戦隊カタヅケンジャーのゴリレッドの活躍、また見てくれよな!

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

丸ゴリ

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。