ウォリストでツーバイフォー以外も突っ張る!木材を使ったDIY突っ張りジャッキ

ウォリスト 突っ張りジャッキ 寸法 ツーバイフォー 2×4 DIY 賃貸 原状回復 間仕切り壁 間柱




ツーバイフォー材を使った突っ張り支柱を作れる部材として人気のディアウォールやラブリコ。

しかしそれ以外にもツーバイフォーを使って床と天井を突っ張る部材はあります。

 

 

今回紹介するウォリストはこんな人にピッタリ。

  • 賃貸なので壁や天井に穴を開けずに棚を作りたい
  • 奥行き89mm以上の棚を作りたい
  • ツーバイフォー以外の木材、木製足場板で突っ張り棚を作りたい
  • 機械っぽいデザインが好き

この記事ではそんな人におすすめのDIY便利グッズ『ウォリスト』について紹介しています。

ウォリストを使う最大のメリット、ディアウォール&ラブリコとの違い

ウォリストと他のツーバイフォー突っ張り部材(ディアウォールやラブリコ)との最大の違いは、ツーバイフォー以外の木材でも使えるというところにあります。

ウォリスト 突っ張りジャッキ 寸法 ツーバイフォー 2×4 DIY 賃貸 原状回復 間仕切り壁 間柱

このようにウォリストはツーバイフォーに取り付ける部分が『カタカナのコの字型』をしており、厚みが38mmの木材であればツーバイフォーでなくても使えます。

例えば、安くてしっかりした大きさの材として人気の『木製足場板』。

この足場板の寸法はおおよそ、36mm×240mm×3600~4000mmですから、36mmに塩ビ板などで2mm程度厚みを足してやれば、ウォリストでツーバイフォーと同じように突っ張ることが可能です。

Q、ディアウォールやラブリコはツーバイフォー以外は使えないの?

A、ディアウォールやラブリコにも『1×4用(ワンバイフォー)』や『2×6用(ツーバイシックス)』などの、ツーバイフォーとは厚みや幅の違う規格の木材に対応したものか出ています。

しかし、ウォリストであれば専用のものを使わなくてもウォリスト一つで様々な規格の木材に対応できます。

ウォリストに使える木材の規格

ウォリストが使えるツーバイ材
  • 2×4(38mm×89mm)
  • 2×6(38mm140mm)
  • 2×8(38mm184mm)
  • 2×10(38mm235mm)
把握しておきたいツーバイ材の長さの規格
  • 3F(フィート) 910mm
  • 6F(フィート) 1820mm
  • 8F(フィート) 2438mm
  • 10F(フィート) 3050mm ←レア
  • 12F(フィート) 3650mm
  • 14F(フィート) 4267mm ←レア

これらの木材は全てウォリストを取り付けることができます。

2×10(ツーバイテン)などを使って奥行きのある本棚なんかを作ることも可能です。

ウォリストの種類は全部で3色のみ

ウォリストの種類はシンプルに3種類。色が違うだけで作りは同じです。

↓ウォリストの詳細な寸法などはこちらの記事でも解説しています。

DIY 突っ張り柱 ツーバイフォー 2×4

【ツーバイフォーDIY】天井と床をつっぱって棚作る-ラブリコ、ディアウォール、ウォリストまで-

ウォリスト 突っ張りジャッキ 寸法 ツーバイフォー 2×4 DIY 賃貸 原状回復 間仕切り壁 間柱

「指を挟んだらどうしよう?」

そんなことは一切お構い無しのユニバーサルデザインに逆行したメカニカルなデザインもかっこいいですよね。

ウォリストのハードなデザインは男性の一人暮らしや、インダストリアルな男前インテリアを目指すDIY女子にはドンピシャなのでは?

ディアウォールやラブリコはウォリストよりもだいぶツルッとスマートなデザインですからね。

また、ウォリストを使った場合ツーバイフォーの床側にくる部分には保護シートのみ、見た目はツーバイフォーがそのまま立ってるように見えます。

ディアウォールやラブリコはウォリストと違って、ツーバイフォーの下側にもベースになるキャップをはめ込む仕様になっていますので、

  • 床からベニヤ板などを貼り付けたい
  • パーツはなるべく見せたくない

そういういった場合にはウォリスト一択ということになります。

ウォリストはオプションパーツが豊富、テレビも掛けられる

ウォリストはツーバイフォーで柱を作る以外にも色々なオプションパーツ類が豊富に展開されています。

ウォリスト専用の棚受け

代表的なものがシンプルなデザインの棚受け

ツーバイフォー4枚分ということは

89mm×4枚分=356mm(約35㎝)ですから

ウォリストを使えば大型の図鑑なども楽々収納できる、奥行きのある本棚も作れちゃいますね。

ウォリストでツーバイフォーを何本か束ねる部材

ツーバイフォーを複数束ねて使うことで、奥行きのある突っ張り式の棚が作れるウォリスト。

その際にツーバイフォーを束ねる部材がこちら。

この部材はウォリストの柱にも、棚板にも使うことができます。

ウォリストで作る棚の補強に使える部材

ウォリストで作った柱に対して交差させる形でツーバイフォーやワンバイフォーを取り付けたい場合に使用する『補強金具』がこちら。

背板代わりにツーバイフォーやワンバイフォーを取り付けて棚全体の強度を高めたり、ワンバイフォーであれば背板から棚板を出すことも可能です。

ウォリスト専用のその他部材

ウォリストが「個性的だなぁ」と思うのが専用のテレビ掛け金具まで商品化しているところ。

確かにウォリストで棚を作るなら液晶テレビもスッキリ収めたいですもんね。

この辺りはウォリストに限らず、ディアウォールやラブリコでも流用できそうですね。

 

それ以外には保護シートや、ビス頭が塗装された専用のビスも販売されています。

 

正直、このビスは太すぎてそのままインパクトなどで打ち込むと木材が割れてしまう可能性が高いです。

ドリルビットで3mm程度の下穴を開けるか、別の細いビスを使うなどの工夫が必要です。

ウォリストを使ったDIY作例

最後にウォリストを使ったカッコいい作例をご紹介。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sangorianさん(@sango_sensei)がシェアした投稿

天井まで大量の本を収納してもたわまない本棚もウォリストなら作ることができます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

眞木修 OSAMU MAKIさん(@osamcooke)がシェアした投稿

男子の憧れ、壁付けのギターフックをウォリストを使えば賃貸でも付けることができます。壁に傷がつく心配はありません。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TOMOMIさん(@tomomi_1013_0707)がシェアした投稿

ウォリストだからこそ作れるこの奥行き。このぐらい奥行きのある棚があるだけで、片付けやすさが全然違います。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Goro & Sasa & Momo & Fukuさん(@goro_sasa_momo_fuku)がシェアした投稿

キッチンに間仕切りを作ってカフェ風に。ウォリストなら賃貸でも間仕切り壁を作ることだってできます。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

丸ゴリ

小学校の頃のアダ名は「丸ゴリ」でした。それを知らないハズの奥さんにもことあるごとに「このゴリラ!」とイジられます。今ではゴリラの物憂げな表情に思慮深さと親近感すら覚えます。「あの~、ホラ、ゴリラの人のブログ」で記憶してもらえると幸いです。